4月の満月は、願い事にどう活かす?

何かのヒントになる?

いろいろと大変な世の中ですが、大変だとばかり言っていても何かが変わるわけではないので、自分の出来る事をやります。

そんな中で満月が8日の午前11時35分にやってきます。(詳細は「満月の願い事の書き方・叶え方」

細かい話は上記リンクを見て頂くと良いと思いますが、じゃあどうするかなとなります。

とりあえず部屋の掃除でもしておきますか(笑)。

これは満月になる前からスタートするよりも、満月になってからで良いです。

また、どんな場合でも身辺整理は流れを良くしてくれる基本的な対処法になります。

その上でですが、通常であれば躍動的に動いたら良い季節に入ってきています。

でも、占い上では、活動的であるよりも、着実+柔軟性が求められる流れがあります。

満月に入ってからのお話ですが、これまでに引き続き、確実なことを優先してやると良いです。

その中で上手くいかないことに出会ったら、創意工夫で切り抜けます。

無理をしたり、そのままにしたりするのは好ましくない時の流れがあるためです。

気持ちのバランスは崩れにくいので、多少浮き沈みがあっても、必要があるならやることが出来ますし、止めることも可能です。

こういったことを念頭に置きつつ、さて願い事を叶える可能性を高めるためにはどうするかなと。

一つには自分の想っている事を明確にする作業ですが、これはどの段階でも必要になります。

その上で、今できることをやっているかどうかの確認をします。

今から何かを始めるというよりも、今やっている事の再確認です。

やっている事の中でイマイチなものは、上手く出来ないか試行錯誤が必要でしょう。

今回の満月では、試行錯誤の比率が高くなります。

動く時には動く、地盤を固めるときは固める、柔軟に対応するときは、「願いを叶えるためには」を到達点にして、試行錯誤をしていくと良いです。

試行錯誤の中で、足りないものややっておいた方が良いことが明らかになるので、それをやりながら、また試行錯誤していく感じです。

そうそう、もうすぐ満月ですが体調がイマイチな場合は無理をせずゆっくりしてください。

そういう満月になることもありますので。

タイトルとURLをコピーしました