金運も上がる?今を変えるために「必要な物」と「欲しい物」を見極める

何かのヒントになる?

掃除は良いよっていうお話をちょいちょいしています。(参考:「物を減らすと良いことが起きやすくなるのはなぜ?」

満月や新月の時にも「掃除も良いよ~」的にお話をしています。(明日は新月「今月の新月の願い事の書き方・叶え方」

これは掃除で人生をスリム化させたいからです。

人は放っておくと、抱えられる以上のモノを抱える傾向に有り、抱えすぎて不安をつきまとわせています。

物を抱える=不安が強くなる理由は、「目の届かないもの」が増えるためです。

人は感知できない物が増えると、相対的に不安を感じます。

人によっては全く気にしない人もいますので、そういう人は置いといて、気になる人の話です。

物を減らすには、1年以上使わない物を選びます。

そして、「まだ使える」と思った物を優先的に減らしていきます。

減らすときにゴミに出しても良いですが、使える物ならメルカリなどのフリマに出しても良いですし、寄付などで誰かに使って貰うのも方法としてあります。

これで現状の半分を目指します。

大事なのはここからです。

物を減らしても、今まで通り新たに物を入れれば状況は変わりません、というか身の回りがすっきりしている分、今まで以上に増えます。

気がついたら元通りどころか、今まで以上です(笑)。

手に入れるときに目安を設定する手法を使います。

それが「欲しい物」なのか「必要な物」なのかの線引きです。

必要だけど代わりが効く物を使っている場合、出来るだけ早く「その必要な物を手に入れる」ようにしてください。

代わりが効くということは、労力や時間を犠牲にしていることが多いです。

代わりを聞かせている分、ストレスを増やしていることに気がつけるかどうかです。

次に「欲しい物」は当面、出来るだけ手に入れないことが望ましいです。

欲しい物は無くてもよい物だからです。

欲しい物に限って、生活に余裕も無いのに手に入れようとするから、よけいに不安と隣り合わせになるわけです。

これは金運にも繋がります。

欲しい物を手に入れる対価としてお金(金運)が外に出ていきます。

いつまで経ってもお金が増えないのは当然かと。

必要な物を手に入れてもお金は出ていくよね?と思うかもしれません。

必要な物を手に入れる対価としてお金が掛かりますが、必要な物が手に入ることと同時に、時間と労力の軽減も手に入れられます。

これが必要な物と欲しい物の決定的な違いです。

お金を節約するために必要な物を我慢すると、その分、時間と労力が掛かるため、いつまで経ってもピーピーでお金も余裕も増えません。

欲しい物は買わなくて良いですが、必要な物は「買わなくてはならない」です。

一時的に生活に負担が掛かるように見えますが、今まで掛けていた時間と労力が減りますので楽になっていきます。

楽になった部分を使って収入を増やすことを考えていけば、帳尻が合うだけで無く、使った分をまかなうことが出来れば、増えていく流れに乗ります。

必要な物を購入する時の目安として、必要な物の中で「必要な物」を選ぶようにし、「欲しい物」を選ばないようにします。

何かを買うとき「良い物」を買う方が長持ちするから良いと思うかも知れません。

良い物=必要な物とは限らないです。

ボールペンが必要なのに、どうせ使うならしっかりとした良いボールペンを買おうとして1000円のボールペンを買う必要は無いのです。

もちろん、人前で恥ずかしくないようにするための場合、「ちゃんとしたボールペン」が必要な物になりますので、置かれている状況次第で変わります。

必要な物を買うとき、今必要なのは何か?を考える1手間を掛けます。

それが適正な物を手に入れやすくしてくれ、結果的に生活を豊かにしてくれます。

必要な物と欲しい物を意識的に区別し判断の目安にするだけで、生活そのものが変わっていきます。

タイトルとURLをコピーしました