適応力を高めると毎日が楽しくなる・不安に殺されないために必要な一手

何かのヒントになる?

適応力とは、現状に合わせる力・馴染む力です。

今年はものすごく大きな変化が起きていて、望む望まないに関係無く誰もが影響を受けています。

変化の時は置かれている状況が変わるため、今まで大丈夫だったモノがダメになり、他の形に変わりますし、ダメだったことがOKになる時期です。

変化の時は生活の仕方も変わり、仕事の内容も求められることも変わります。

私の記憶に新しいのは、パソコンが出てきたことで、ワープロが消えたことや、タイピストさんが消えたこと、そして、並行して字を書かなくなったことです。

書道を学ぶ人も減ったのでは無いでしょうか。(字を書かなくなったことで、よりきれいな字を書くほうに特化するなどの変化が必要になってます)

携帯電話が出てきたことで、公衆電話が消え、電話交換手さんが消えました。

消えた=ゼロになったわけではなく、圧倒的に数が少なくなり、それだけでは成り立たない状態です。

ポイントは「仕事そのものが無くなったわけではない」ことです。

文字の手書きは減っても、手入力または音声入力に替わっただけです。

固定電話が無くなっても、電話をしなくなったわけではありません。

やっていることは変わらず、手段が変わっただけです。

これが本質です。

人は「生きる」ことに変わり無く、ライフスタイルは変わっても、やることは変わらない事です。

食べて、働いて、寝て、育てて・・・。

変化の時期なので、今朝大丈夫だったことがうまくいかなくなったり、今朝ダメだったことがよくなったり、その逆だったりが起きます。

こういう時、焦って動いても上手くいきません

焦る代わりに、やれることをやっておきます。

これが適応力を高める作業になります。

やることがあるなら、先に済ませてしまい、動ける状況にしておきます。

今すぐやることがないなら、やっておいた方が良いことをやります。

余裕がないと焦って騙されやすくなりますし、少しでも得をしようとして損します。

人間は馴染むまでに時間が掛かる生き物です。

コロナの今を振り返るとよく分かります。

2020年1月スタートの最初の頃は今まで通りだったのです。

でも、徐々に社会が変わり始め、周りが変わり始め、今まで通りが非難されるようになり、目に付くようになってくると、大きく変化してきていることが分かります。

テレビや雑誌でみるぐらいならそれほどでもありませんが、周辺の環境や人が変化し始めたら社会の変化がそちらに向かっていきます。

こういう時に焦るとおかしくなります。

焦るのでは無く、必要に応じて出来ることをやっていきます。

そもそも変化の最中に「今は変化の時」と気がつくことは難しいです。

無理をして最先端で合わせて行く必要はありませんし、出来ません。

今まで出来たことを無理にやろうとするのではなく、出来なくなったことがあるなら、「どうすれば出来るようになるのか」を模索します。

最初にお伝えしたように、手段が変わるだけで本質は変わらないのです。

手書きで文字を書かなくなっても、手入力・音声入力に変わっただけです。

本質とは「何を望んでいるのか」「何が求められているか」です。

幸せになりたいから吉方位に引っ越して運気を上げるというのは本質ではありません。

引っ越した方が良いのか、今のままでも良いのか、引っ越すならどこに住むと生活が楽しくなるのか、便利になるのかなどを経て、出てきた答えが「望んでいる事」に対する選択肢です。

そこに加えて占い的に最適な時期を出すのでも良いです。

吉方位に引っ越すことが本質では無く、生活を豊かにするにはどうしたら良いかが本質です。

あ、でも「とにかく運気が上がれば良い」人もいますので、その場合は運気アップが本質です。

運気も上げて住みたい所にも住んでという場合は、どちらかが本質になります。

そこを明らかにして、必要なことを積み上げていくことで、適応力が高まります。

自分の幸せに繋がることをやっているので、大変であっても幸せ感は高いです。

適応とは良いことでも悪いことでも使われる言葉です。

適応力を高めるとは、自分を今の状況に合わせることです。

その根っこにあるのは「幸せ」であった方が人生が楽しくなります。

変化の時は自分から合わせて行く必要があるので大変ですが、「そういうものだ」と分かれば、あとは諦めてやるだけです(笑)。

今やっている事を今求められる形に変えていくことです。

どうしたら良いかを試行錯誤していくうちに、収まるところに収まっていきます。

今まで通りに行かないと焦るのではなく、何が出来て何が出来ないのか、出来ないならどうすれば出来るのかを試し時期にあります。

どうしようか~と慌てて不安に落ち込むぐらいなら、早めに落ち込みから起き上がって、周りに手を付けてみてください。

出来ることを一つずつやり、やってこなかったことで出来そうなことを増やしていくと、気がついた時には今よりもずっと毎日が楽しくなっています(大変さは変わらないかもですが(笑))。

タイトルとURLをコピーしました