過去が今の自分なら、今の自分は未来の自分、それが分かれば出来ることがある

何かのヒントになる?

何かをする時に迷ったらしなくて良いですし、やっても良いです。

どっちを選択しても、遅かれ早かれたどり着くところにたどり着きます。

人生はなるようにしかならないと言えばそうですし、そうでもないのが人生とも言えます。

ここから分かるのは、「今」どうありたいかで、未来も今と同じになることです。

たとえば今が楽しい人、楽しくあろうとする人は10年後もやっぱり楽しい人ですし、楽しくあろうとしています。

20年後も30年後も同じです。

周りの長年の知り合いを振り返ってみるとそんな感じじゃないですか?

人は変わるけど、変わらないです。

変わるのは成長した部分で、成長するってことは根っこは同じですから、やっぱり変わらないです。

ですから、「今」の生き様がそのまま数十年後も引き継がれていきます。

ここにポイントがあります。

幸せでありたいとき、上手くいかせたいときは「何かを始めて、どうのこうの」ではなく、今の状態の中で幸せを感じ、上手くいかせることです。

嫌なモノからは離れ、上手くいかせるのに障害となっているものを取り除くように心がけます。

これまでがどうであったかよりも、「今からどうしていくか」で良いので、シンプルです。

これらは小さいことの積み重ねですが、その心づもりが未来に影響を与えます。

一生懸命生きた方が良いとか、努力はしなくて良いとか、好きに生きて良いとかそういう話ではありません。

良くも悪くも今の自分が未来の自分ってお話です。

どうにかしたい時は「今の自分」に働きかけるのが簡単だよっていうお話でもあります。

タイトルとURLをコピーしました