運命を変えるときに必要な最新情報

何かのヒントになる?

行き詰まりは変化の時というお話を「行き詰まる時は変化の時、今のままでは不運を招く?」でしました。

変化とは「料理のようなモノ」と理解すると話が早いかもしれません。

料理は素材の形を変えるモノです。

卵料理一つでもバリエーションは際限なくあります。

そのままでも食べ方が分かれます。

地域によっても違います。

ポイントは「卵料理は種類がある」ことをまずは知っておくことであり、そのことに思いつけることです。

細かく覚えておく必要はありません。

「なんかあったな~」ぐらいの片鱗でOKで、それが変化のきっかけになってくれます。

人は知らなければ無いのと同じなので、かけらでも良いので知っているかどうかが大きな影響を持ちます。

いろいろなバリエーションがあるかもしれないことを思い出せれば、次は「探す」行動に移ることが出来ます。

答えが見つかるかどうかは分かりません。

でも、「変化=料理」と知っていれば、形を変えれば何とかなるかも知れないという思考に繋がります。

現状を何とかしたいと思う時、今のままでうまく行かないのであれば、今のままで何とかしようとするのは無理です。

周りが変わることはなく、変えるのは自分です。

「どう変えたら良いか」を模索するために、最新情報を集めます。

テレビでもラジオでも雑誌でも本でも良いです。

これらは情報の鮮度が「日付」で分かります。

インターネットの情報でも分かるのですが、表示された情報が新しい物かどうかの判別が付かない人には難しいです。(表示されたものが新しいとは限らないです)

最新情報を集める理由は、そこに世の中の流れが見えるからです。

「何を集めたら良い?」なんて考えると手が止まるので、「今の自分に何が必要かな~」とでも考えながら、最新コーナーの表紙を眺めていくのでも良いです。

そこには様々な流れがあり、その中で関心が出てくるかもしれませんし、「あ!これ使えそう!」となるようなものがあるかもしれません。

情報が自分の中に溶け込み、新たなヒントになるには相応の「情報量」が必要です。

全く関係無いモノが急に結びついてヒントになることも多いです。

日頃から意識して情報を見ていれば違うのでしょうが、そんなに簡単な話でもありません。

ですから、今、変わる必要があるなら、今から集めまくります。

最新本・雑誌、ニュース・話題、トレンドなどに接していくことで、「自分にどういう変化が求められているか」が見えてきます。(ここに人を入れないのは、確かな情報を求めているわけでは無いからです)

その変化に合わせるかどうかの判断をすることで、運命が変わります。

未来を変えたいときに必要なのは、「何に変えられるだろうか」を見つけるための情報収集です。

情報とは特定のものでは無く、「世の中の流れを知る」ことです。

どうにかしたいと思ったら情報収集と覚えておくだけでも違います。

何も無いところに何かを作るのはものすごく大変ですが、土台となる情報のかけらでもあれば、きっかけ次第で人生が一気に変わっていけます。

タイトルとURLをコピーしました