運命は偶然の割合が大きい?どうしたら良い?

何かのヒントになる?

私は努力推進派ですが、行くところまでいったら「運だよね」と言います。

どちらかだけでも何とかなることはありますが、確実性を上げるために両方意識したいと思っています。

一方で「運命は偶然でなり立っている可能性も高い」と思う部分もあります。

偶然=運と言えばそうかも知れませんが、偶然の中にはそこに到達するような人生の流れが何ヶ月も何年も前から積み重なっています。

私に相談される方は、私が東京に来る選択をしなかったら出会う事はありませんでした。

私に相談されたことで今までとは違う選択をされた場合、その選択は偶然の結果とも言えますし、必然であり運命だったとも言えます。

こんな感じで目の前の事が「偶然」だとしたらどうしたら良いかです。

ポイントは自分の望むような偶然が起きやすい環境に身を置くことが出来るかどうかです。

運を活かすお話をする時の内容と同じで、望む形になりやすいように自分を調整します。

出会いが無いと言っているのに家に居る時間が長ければ、偶然は起きにくいです。

同窓会などのお声が掛かればチャンスもありますが、家に居る時間が長くなると外に出るのも億劫になりやすいです。

これが自分の望んでいる事と環境のミスマッチです。

家に居ることがダメでは無く、望んでいる事に対して大きな努力が必要な環境に身を置いていることに気がついているかどうかです。

本当なら偶然が起きやすい環境に身を置いた方が効果的ですし、努力も少なくて済みます。

人生を変えたいと思うなら、変化の多い町に出た方が変わりやすいです。

変化の少ない家に居ても難しいです。

運気アップの話は良く出ますが、運気を良くして何を望むかです。

望む事に対して偶然が起きやすい環境はどこだろうかと考えます。

偶然はいつ起こるか分かりませんが、自分の居場所を変えるだけで「偶然」に出会いやすくなります。

更に、「偶然」に出会いやすくするように、自分から望んでいる事の情報を発信します。

仕事を探しているとか、出会いを探しているとか、○○をやりたいとか、○○をなんとかしたいとかです。

答えはすぐには出ません。

しかし、望んでいる事に向き合い、「偶然」に出会う準備を整えていくことで、圧倒的にチャンスに恵まれやすくなります。

努力とか、がんばるとかには触れていません。

努力やがんばりでどうにかなる話では無いですし、それでは通用しない世界です。

棚からぼた餅の様に、棚からぼた餅が落ちてきたときに受け止められるようにするには、棚の下に移動しておく必要があります。

いつ落ちてくるかは分かりません(笑)。

でも、落ちてくるかも知れないと意識し、準備をしておくだけで飛躍的に受け止められる可能性が高まります。

これが「偶然を意識する」ということです。

努力して何とかしようとするのではなく、何とかなりやすい場所に身を置き準備を進めるやり方もあるということです。

タイトルとURLをコピーしました