運を良くしたいなら、忙しくなるようにしたほうが効率が良い

何かのヒントになる?

運を良くするコツは、自分に必要なものを選び、それに専念することです。

ところが、何でも選べる日本だからこそ、選び方が分からない矛盾が生まれています。

選び方が分からないので流されてしまい、思わぬ事に巻き込まれたりします。

選択を保留にすることで、タイミングを逃すこともあります。

タイミングを逃すことは運が悪いように見えますが、そうなるように選択してしまっているのかもしれません。

本当に必要かどうかは経験・知識・欲求で決まってきますが、選ばない限りわからないです。

選んだ結果の積み重ねで、本当に自分に必要なものが見えてきます。

必要なものを明らかにするために、とにかく忙しくなる事です。

あれこれと用事を入れていきます。

忙しくなると、余計な用事は入れられません。

にも関わらず、「入れちゃった…」が本当に必要なものです。

わかりやすい例として、好きな人が出来たら、寝る時間を削ってでも時間を作るのと同じです。

仕事でも、ついご飯を食べることも忘れてしまうなら、同じです。

時間があったり、余裕があると、自分にとっての「本当」に気付きにくくなります。

本当に大切なものはすでに持っている事も多いのですが、気が付きにくいです。

だからこそ、あえて余裕を無くすようにします。

余裕のない中で「これだけはどうしても組み入れたい」を整理していきます。

現実に抱えられる容量は決まっているので、入れたくても無理なのです。

その事に気がついた時、本当の本当が残されます。

それを人生の中心に持ってくれば、大抵のことは良い感じになっていきます。

自分に必要なものを見つけ、そこに力を集中していくと、自然と物事は整っていきます。

タイトルとURLをコピーしました