運を良くしたいなら、出来ることはさっさとやるのがコツ

何かのヒントになる?

望んだ事が叶うかどうかは分かりませんが、望んだ事を叶えるために必要な事をやらないと望んだ事が叶わないのがこの世の仕組みです。

望んだ事が本当に望んだ事かどうかも、必要なことをやっていくことで分かります。

「必要なことをやる」のは、願いを叶えるために必須です。

運を良くしたい時は運気アップが良い!と思うのですが、運を良くしたいなら目の前の事を最優先で片付けた方が効果的です。

何かを願うとき(今を変えたいなど)、運はあった方が良いですが、運よりも現実の準備が整わないと、いくら運が良くなっても現状は変わりません(変えられません)。

運が良いほうが望ましいのは、機会が巡りやすくなるからです。

運が良いから願いが叶うわけじゃ無いって事です。

冷静だとこの話に気がつくのですが、気持ちが弱ったり不安が強くなると「運が良ければ」となることがあります。

願いを叶える人は運が良くても悪くても叶えていきますが、こういう人に限って運が良いです。

理由はやることをやり続けて変化を引き起こすからです。

運の善し悪しは浮き沈みでもあるので、タイミング次第で良い時に現実がかみ合ったりします。

運の良さを求める時は、必要なことを確実に積み上げていくときです。

それでも願いが叶うかどうかは難しいですが、必要なことが積み上がっていなければ叶うかもしれない願いも叶いにくくなります。

運を良くするのは、それからです。

タイトルとURLをコピーしました