行き詰まる時は変化の時、今のままでは不運を招く?

何かのヒントになる?

人生は上手く出来ていると思うのが、その時々で「どうしたら良いか」を教えてくれることです。

占い師に相談しなくても、「こういうことかな?」と何となく感じられます。

感じたことの言語化が難しいので占い師に相談して、自分の感覚を理解しやすいようにしているだけかも知れません。

行き詰まりの典型は、部屋にモノが溢れるときです。

部屋にモノが溢れたら、行き詰まってきていると思って良いです。

対処法は「モノを減らす」となります。

これが「変化が必要な時」です。

でも、「大切なモノ」かもしれません。

これが行き詰まりを確定しています。

捨てられない、でも、今のままだとまずい時、新たな価値観・思考を作り出すタイミングです。

この時に必要なのは「自分で何とかする」ことです。(人に任せる一時しのぎだと、遅かれ早かれ今以上の状況になってきます)

大切なモノを「そのまま」では維持できないから、モノが溢れています。

大切なモノを残すなら、それ以外のモノを相応に捨てる必要があります。

自分の抱えられる許容量の上限がきたから溢れているのですから、この枠内に収めるにはどうするかを考えます。

全部は無理ということが分かっています(だから溢れてる)。

無理なら捨てるか、残すかですが、これだけだと難しいので、捨てるか、残すか、「形を変えるか」です。

思い出の品などは捨てられません、でも、残すといってもしんどいです。

それなら一部だけにするか、データや映像にしてしまうか、姿を変えて残す道を模索します。

大抵のモノや事は、何かに形を変えられます。

ありがちな写真はデジタル保存をする選択もありますし、家具などは家具屋さんに作り直して貰う手もありますし、衣服も同様です。

今のライフスタイルに合わないから溢れているのであれば、今に合わせれば良いだけです。

こちらも一昔前のお話ですが、冷蔵庫はコンビニやスーパーを代用し、洗濯はクリーニングやコインランドリー、収納は荷物を預けられるトランクルーム、本や映画・ドラマ、音楽はレンタルにすれば良い的な話が20年ぐらい前からありました。

形を変えようとした時の、環境や設備は大分整っています。

後は「これじゃなければダメ」という思考を変えるか変えないかであり、今は思考を変えるタイミングに来ています。

「行き詰まっている」とは、そういうことです。

変えなくても良いなら行き詰まることはありませんので、そのままで良いのです。

そのままで良くないとき「行き詰まること」で状況を教えてくれています

行き詰まったら、「変化の時が来た」と気がつけば、後は形を変えるだけです。

タイトルとURLをコピーしました