準備を丁寧にするよりも、回数を増やす方が運が良くなる

何かのヒントになる?

運を良くすることを考えるなら、どれだけ早く手を掛け、精度を上げていくかを考えるほうが効率が良いです。

大抵の事は準備の仕上がりで結果が決まってきます。

この時に準備を整えるために時間を掛けるより、まずはさっと全体の準備を整えてしまいます。

その後で、チェックをしていきます。

特にやったことが無いことで有効な手法です。

やったことがある事なら更に有効です。

何をするにしても「たくさん回数をするためにはどうしたら良い?」と考えると、精度と練度が高まります。

丁寧にやろうが短時間だろうが、ミスは必ず起きることが前提です。

ミスは不運を呼びますが、ミスが起きる前提でミスをカバーする回数を増やすと、ミスを見つけやすくなる幸運が巡ってきます。

ミス=間違いではありません。

ミスは「分岐点」を教えてくれています。

ミスをきっかけにミスを修正するか、ミスに合わせて別の方向に進むのかです。

それによって更に自分にとって良い形に修正していけます。

何かをするときに時間を掛けてしまうと、ミスに気がついたときに調整する時間が足りなくなります

結果として、起きた状況に対応するのが難しくなり、ミス=間違い=運が悪いに繋がりやすくなっていきます。

私は運の善し悪しを現実の対応力で図るようにしています。

何が起きても大丈夫な状態にしておくことが、最も幸運を呼びやすくなります

何か起きる事、それだけでは幸運か不運か分かりません。

たとえ嫌なことが起きたとしても、それは未来に必要なことかも知れないからです。

だからこそ、何が起きても対応出来るように「修正出来る回数を増やしておく」と、結果的に良い形に収まりやすく、幸運も呼びやすくなります。

これは楽をしながら運を良くしているようなモノです。

回数を増やすことは大変そうに見えますが、回数を増やすことで1回あたりの負担は下がり、比例して熟練度は上がるので、結果的に楽です。

労力を減らしたい、運を良くしたいと思う人にこそ最適な手法の一つです。

タイトルとURLをコピーしました