手を抜いても、休んでも大丈夫な環境選びがあっても良い

何かのヒントになる?

肉体的・精神的に関わらず、無理をしやすいのがこれまでの風潮です。

現在はこれに加えて頑張っているにも関わらず、日々の生活もままならないほどのプレッシャーが掛かります。

周りの影響を受けて「もっとがんばらなければ」と感じてしまう人も多いです。

この背景には、生活や将来への不安が根っこになりやすいです。

ここで思考をシンプルにしてみます。

「そもそも今の生活や将来像が無理をしすぎなのでは?」という思考です。

都内の八王子や町田では、一ヶ月2万円で風呂トイレ付きのアパートが借りられます。(私が住んでいた北海道では1ヶ月1万円台が普通にありますね・・・)

生活で一番掛かる固定費が家賃なので、例に挙げてみました。

ここに引っ越すなら、諸々込みでも5万円ぐらい?かな。

しかも、都内ですとジモティとか使えば、車はレンタルする必要がありますが、お金を掛けずに家電家具一式揃ってしまいます。

生活費の中で固定費が下がると、稼ぐお金も少なくて済みます。

人の繋がりが多ければ、もっといろいろと自由が効きますが、繋がりが無くてもこれぐらいは何とかなります。

極端な例を挙げているのは「こういうことも出来る」という思考のきっかけをご提供したいのと、場所によってはもっと安く出来るかも知れないという可能性のご提示です。

人は「出来るかも」と分かると、急に楽になる部分もあるので、ご提案・ご提示という形を取っています。

稼ぐお金が少なくて済む場合、総体的に負担も少なくなる上に、自由時間が増えます。

しなければならないという負担が少なくなると、人は自分にとって良いような生き方をしようとします。

だらだらしようとしたり、ぼ~っとしたり、はたまた何か用事を見つけてあれこれやったり、人それぞれであり、全てが幸せに繋がっています。

今の生活を維持しなければ!もっと良くしなければ!と思って自分や家族を縛ってしまうなら、もっと気楽な生活をするために生活レベルをゆるめにしようというのもあって良いです。

楽に生きるために今を微調整するならどうしたら良い?を思考の端に入れて貰えたらなと思います。

精神的に余裕を持つなら、金銭か時間に手を付けるのが簡単です。

住むところを変えるのは負担ですが、家賃が下がると楽になる度合いが高まります。

思い切って仕事を辞めちゃうと、時間が一気に生まれます。

極端なお話ばかりですが、そこまでしないとやばいほど精神的に煮詰まっている人もいて、首が回らないほどストレスが掛かっています。

それなら一度最低限のところまで断捨離して、身軽になって、そこからゆっくり生活を始めても良いかと。

一発でなんとかできる手法は無いです(あるというならそれは詐欺)が、ネックになっているところを押さえると楽になる可能性を高められますし、その後が楽です。

今でも十分頑張りすぎている人が多いです。

「どうしたら手を抜けるか」を一度は考えてみて、出来ればやってみてください。

思考を変え始めると、人生も変化し始めますので。

タイトルとURLをコピーしました