心が疲れたら、不安が強い時は、誰かのために力を使うチャンス

何かのヒントになる?

自分の事ばかりやるよりも、人を構っている方が物事がスムーズに動きます。

人の事ばかりで自分の事が後回しになりすぎると、構っている人が構ってくるようになりますけど(笑)

「一人で生きていける」と思うときがあるかもしれません。

でも、世の中の仕組み上、一人で生まれてきたわけではなく、母がいて父がいて、出産に力を貸してくれる人がいます。

一人で生まれてきたわけじゃなく、一人で育ってきたわけでも無いのであれば、一人で生きていくのは難しいのでは?と想像することも容易です。

そうなると一人で生きていこうとするとストレスが大きくなり、不安も強くなりやすいことも分かってきます。

それぐらい「一人で生きる」って大変で、周りの力におんぶにだっこ、無意識に自分自身も周りに力を貸しているモノです。

でも、そういうことを考える余裕がないときに、自分で何とかしようとして消耗していきます。

それなら心が疲れ、不安が強いと感じた時が、タイミングということになります。

自分のことで手一杯なのに周りに力を貸すなんて無理!となるかもしれませんが、「だからこそ」です。

自分に余裕がないから自分の事もどうにもならないわけです。

ここが踏ん張り時です。

周りに目を向け、ほんの少しで良いので手を貸してみてください。

手を貸した分以上に余裕が戻ってきます。(疲れはしますけど)

手を貸すだけで元が取れ、帳尻が合っています。

でも、それだけでは終わりません。

手を貸すことで、相手からも力を貸して貰えるかもしれません。

手を貸すことで、手を貸す以上の何かを手に入れるチャンスです。

自分が行き詰まった時とは、それ以上の何かが入ってくるタイミングなのかも知れません。

今がチャンスです。

タイトルとURLをコピーしました