将来が不安なら、今に力をつぎ込むほうが道理に適う

何かのヒントになる?

先々のことを考えて資格を取った方が良い(資格を取ろうと思っている)と考えている人から相談されることがあります。

「先の事を考えて」という相談は多いです。

そういう時にお答えするのは「資格」も良いけれど、「今必要な最大のことは何ですか?」と問い直しています。

不安だから「先の事を考えて備える」のですが、「先」のために必要なモノは全て「今」にあります

「今」何をするかで「先」に何が形作られるかが決まる、と言っても良いです。

言葉にすれば当たり前の話ですが、「先のため」と言って「今を犠牲」にしてしまうから、「先が不安」になっていることに気がつけないでいます。

この逆転現象を起こさせないために、将来が不安になるほどに、今できることをやります。

「資格の勉強」が今できる事でも良いですが、それが「今」必要なことなのかどうかの判断をしておきたいです。

「今」に必要なことは「今」にあります。

「今」を楽に過ごすために「今」に専念するわけではありません。

「今」が未来に繋がっているからこそ、「今」に最大限力を尽くすだけです。

明日に繰り延べするなら「今」やっておきます。

「今」出来ることを増やしていく事で、未来に出来ることが増えます。

出来ることが増えていくことで、不安が消えていきます。

未来がスタートではなく、今がスタート。

これをその都度思い出すだけでも、どうしたら良いかが分かってきますので、気持ちが楽になっていきます。(いつも出来れば良いですが、そうもいかないので、思い出したときに意識する感じ)

タイトルとURLをコピーしました