占い師に相談して運命が変わる時

何かのヒントになる?

占い師に相談する時は、何らかの形で人生の節目(運命の選択のタイミング)に来ていることが多いです。

占いの結果を受けて意識・選択・行動を変更したら、運命が変わるかもしれません。

でも、占い師が運命を変えているわけではなく、変えているのは自分自身です。

変えられるか変えられないか、それは自分次第という意味にもなります。

今の私が別の占い師さんに何かを相談しても、おそらく何も変わらないと思います。

私が占いが出来るからという意味では無く、占いを求めていないからです。

占いを求める時とそうで無い時の違いは、「方向性をハッキリさせる時」と「実際に動く時」という違いがあります。

方向性をハッキリさせるとは、自分はどういう風に生きていけばよいのか、自分が望むことに対してどうすれば良いのかを明らかにすることです。

動くときとは、方向性が分かったら、後はそれに合わせて行動に移すときのことです。

この二つは交互に組み合わさると良いです。

立ち止まり、何をどうしていくと良いかを見極める時間を確保し、方針が定まったらそちらに向かって力を尽くしていく、そして、ある程度行動に移した後で迷うことが出てきたら、再び方針を見直すという感じです。

立ち止まるときと動くときがリズム良く入れ替わる状態が調子の良い状態と言えます。

占いを受ける時にやったらだめなのは、動いていないのに占いで何とかしようとすることです。

占いを受けるだけでは何も変わらないのはですが、それは変えるのは自分が動くことでしか出来ないためです。

このため、占いで運命が変わることがあるなら、占いを受けた人が占いの後にひたすら行動していたからです。

運命は比較的簡単に切り替わるもので、意識が変わるだけでも未来が変わります。(意識が変わることで行動も変わるので)

タイトルとURLをコピーしました