占いは結果よりも、占いを受けているプロセスが運命を変える

何かのヒントになる?

先日の「占いを受ける時は時間を掛けて落とし込んだ方が効率的?」の続きのようなもので、占いの受け方?のお話です

占いを受ける時に、「自分の中に落とし込む時間があった方が良い」という話をしました。

ネット占いなら相談内容をポンと送って、しばらくしたら鑑定結果が返信されてきます。

これで1000円です。(たとえばの話)

アプリの簡単占いなら、一瞬で答えが表示されます。

これは旅行をしたときに、道中を省いて目的地にいきなり到着するのに似ています。

東京にさっきまで居たけど、次の瞬間に沖縄に来ている感じです。

時間は短縮され、効率も良いです。

今後、世の中の流れは「即、回答」にますます拍車が掛かるかもしれません。

超効率的ですが、効率的なのに不自由になっていることに気がつけるかどうかです。

効率的なのに不自由な原因は、人がそこまで効率的に出来ていないことがあります。

人が成長する、変化をするには時間が掛かります。

今、何かをやって、すぐに出来るようなことは、過去に蓄積があるからです。

何かが形になるのには、相応の時間が必要です。

相談した次の瞬間に答えが出て、内容を理解をしたように見えても、何も変わらないのです。

占いを受ける時は、本来、ものすごく緊張します(占う側も緊張してるんですよ~(笑))。

緊張しているので、自分が何を言っているのか理解出来ない事もありますし、言われたことも分かった気になっているだけだったりします。

この「緊張感」が運命に作用していますし、やりとりをしていくことで未来に影響を与えています。

答えだけ提示されてしまうと、相談の解答だけ貰って「後は自分で何とかしてね」、と言われているようなモノです。

そこにある答えは、未来を変えることが書いてあるかも知れません。

でも、答えを理解する方法が分からないので、「分かった気」になって終わりです。

「あなたは結婚出来ない」と占い師に言われた人がいます。

これが答えだけを提示されたパターンです。

「結婚出来ない」には様々な意味があります。

結婚に興味を持たないのか、結婚よりも重要な事があるのかなど、その人の置かれている状況・選択で未来が変わります。

答えだけが先行してしまい、答えだけで判断してしまうと、うまくいかないことがあります。

占いに限りませんが、「答え」が大事なことは確かですが、そこに至るまで(至った)過程を受け止める理解した上で、「答え」を見直した方が良いです。

答えに至るまでの過程を受け止める時間を大切にします。

「考える時間」と言っても良いのかもしれません。

ぱぱっと物事が整理出来れば良いですが、そうならないから悩みますし、相談しようとされます。

答えを出そうとするよりも、答えを出そうとしている自分の今に注目します。

時間を掛けることで、必要な答えにたどり着く可能性が高まりますので。

タイトルとURLをコピーしました