占いの結果がころころ変わるのは状況が変わるから

何かのヒントになる?

私の占いは、最初にお伝えした結果が、最後には違う結果になっていることがあります。

最初は「引っ越して良いですよ」と話していたのに、最後には「今は引っ越さない方が良いですね」となったり、その逆だったり。

引っ越しは一例ですが、他のパターンも限りなくあります。

他の占い師さんがどうしているのか知らないのですが、私は「相談者にとって今のベスト」の占いの結果を引き出そうとしています。

占いの結果のベストではなく、相談者の「今」のベストです。

占いの結果のベストなら、私が占わなくてもしっかり占ってくれる占い師さんは山ほどいますし、占いの本を参考にしてもベストだろうと言える答えが出てきます。

究極、「この時期、この方位に行けば良い」がベストの答えです。

でも、占いだけではこれが限界です。

本当に必要なのは「占い師になぜ相談しているのか?」という、相談者の内側の根っこの部分です。

相談者は占いのベストが知りたいわけではありません。(知りたい人もいると思うけど、私の所に相談される人は、という限定でお願い!)

相談者にとって、一番良い未来に繋がる占いのベストが知りたいのです。(少なくとも私はそうです)

一番の未来は今の先に一直線ではないことも多いので、一番の未来に近づけるように紆余曲折の選択肢を拾い出していきます。

その中で「今ならこれが良い」という答えを見つけ出します。

流れとしてはこんな感じですが、相談者の状況によっては、最初に言っていたのと違う話が出てくることがあり、「それならこっちの方が良い」となることもあります。

更に時間が経てば、前はあの選択が良かったけど、今はこっちの選択が良いとなることもあります。

占いの結果が変わるのは、相談者の状況が変わったり、意識が変わったりする時です。

いろいろと相談してきたけれど、占い的に一番安心出来る選択肢を知りたいという人もいます。

見える部分は自分で何とか出来るけれど、見えない部分は頼るしか無いからという感じです。

何が重要なのかは人によって違うので正解はありません。

でも、占い的に一番の結果を知りたいのか、今の自分に一番合った占いの結果を知りたいのかで、相談する占い師は変わってくることを知っておいた方が良いです。

自分が何を求めているかが分かれば、占いの答えも有効活用できるようになります。

ここまで意識できれば占いを受ける価値が出てきます(占いの答えを参考に出来る)。

タイトルとURLをコピーしました