占いの種類は多種多様、どこかに対処法がある

何かのヒントになる?

「凶方位に引っ越しをするのはダメ」と方位を占う占い師は言います。

でも、方位を占わない占い師は言いません。

「今年は運勢が悪いからダメ」とある占い師が言っても、他の占い師からみると「今年は〇〇が良いから良い」と言うかもしれません。

占い(見方)を変えれば、結果が変わる可能性があるということです。

占いが明らかにしているものが「運・運勢・運気」だとした時、それぞれの占いでそれぞれの分かる範囲の一面を明らかにしているだけ、ということです。

凶方位で運気が下がるなら、違う何かで運気を上げれば良いです。

下がった運気が現実に影響をしているなら、運気を上げながら現実に対処をしていけば良いです。

占いを受けると「それしかない」みたいになりやすいですが、実際には他の手を打ちながら対処をすれば良いだけです。

もし何か占いでしんどい結果が出たら、占いを変えてみるのも良いですし、現状を変えてみるのも効果的です。

「それで」何とかしようとせず、到達点で考える手法です。

占いの結果が良いことを望んでいるわけでは無く、あなたが望んでいる事の良い結果を望んでいるはずなので、占いに振り回されないようにしてください。

占いは目安として活用できて便利ですが、振り回されてしまうとしんどいので。

タイトルとURLをコピーしました