凶方位を気にしなくて良いなら影響も気にしなくて良い?

何かのヒントになる?

私は「凶方位の影響の実感がないなら、とりあえず気にしなくて良いです」とお伝えしています。

それなら別に方位は気にしなくても大丈夫だよね?となるのも自然です。

方位の影響には3つのパターンがあります。

・引っ越し・旅行前から実感がある(既にいろいろと起きている)
・引っ越し・旅行後から実感が出る(後々いろいろなことが起きる)
・特に実感がない(特に記憶に残ることがない)

特に実感がないケースは、実際に引っ越し・旅行の後までの結果を見た上での話です。

具体的には、過去の引っ越し・旅行の結果と占いの結果を比較することで判明します。

実感が無い場合は思い当たることもないので、話がはやいです。

こういう時は将来的な影響は念頭に置きつつも、現状は予定通りで良いです。

凶方位の影響は理屈上、引っ越し・旅行の後で具現化するとされているので、引っ越し・旅行後にトラブルが起きることを意味します。

今が大丈夫だから未来も大丈夫というわけではありません。

しかも、引っ越し・旅行後に具現化するかどうかを普通は分かりません。

このために過去の方位の状況を占います。

過去の実績を元に未来を予測していきます。

実感が無い人は過去の実績が目安になっていますので、「将来的にとりあえず置いといて大丈夫」というのはこれが理由です。

実感のある人で「既に具現化(いろいろと起きている)している場合」は、引っ越し・旅行後も同じ状態か、楽になっていく可能性がありますが、更にひどくなる場合もあり、状況次第です。

後から実感を伴う出来事が起きる場合は、運気を上げておきます。

どのケースでもとりあえずやっておくと良いのが運気アップです。

凶方位に好んでいく人はあまりいないですが、行かざるおえなくて行くことはあります。

凶方位の実感があろうがなかろうが、とりあえず打つ手立てとして運気を上げておくことで、出会っている災難、出会う災難を切り抜けられる「きっかけ」が差し込まれてくる可能性が出てきます。

災難が来るかどうかは分かりませんが、災難が来るかも知れないと思っても行くしか無い、行く方が全体的にメリットが多いなら、運気を上げて備えを持つのは一つの対処法です。

見えないものに対する見えないものを使っての予防策です。

結局どういうことかといえば、「やるならやるなりの対処」「やらないで済むならやらない」というお話です。

メリットの方が大きいならやった方が良いとなりますし、そうじゃないなら避けた方が良いです。

占いなのにひどく現実的なお話ですが、これが本当の所です。

方位の影響を気にするかどうかよりも、どういう選択肢がとれるのか、その選択をとったらどういう風に向き合えば良いのかです。

それによって気にした方が良いのかスルーで良いのかが決まります。

一律こうしたら良いというお話が出来ないので難しいのですが、人それぞれ置かれている条件が違うので、必然的に対処の仕方も変わってきます。

タイトルとURLをコピーしました