凶方位は怖いけど、大丈夫な一面もあります

何かのヒントになる?

私のところに相談されるほとんどは凶方位関係です。

その相談の半分ぐらいは動かしようのない予定になっています。

「凶方位が怖くて何とかしたい」というご相談ですが、ほぼ何とも出来ない状態で相談されてます。

凶方位は行動の吉凶を占うので、その行動・移動を行う影響を避けることは難しいのです。

いろいろな占い師がいますが「とにかく凶方位は避けなさい」と言われてしまうと、どうにも出来なくなってしまいます。

結果として高いお守りを紹介されて、安心を買うみたいになるかもしれません。

それで安心出来るなら良いかもしれませんが、私に相談されたケースの全てにおいて、凶方位で死んだ人はたぶんいません。

一方で経過のヒアリングはそれほどしていませんが、凶方位の影響を受けていると予測されるケースはたくさんあります。

でも、何とかなっています。

これが大事です。

五黄殺に行けば自滅する大病する、暗剣殺に行けば事故死するとか言われてしまえば、本当に怖いと思います。

占い師は占いの結果を伝えているだけでしょうが、相談者はそうはいきません。

判断基準を持たないので、占い師に言われた強い言葉に恐怖します。

でも、安心してください。

判断基準はちゃんとあります。

それが自分自身の過去の移動です。

これまでも必ず何らかの凶方位に行っています。

でも、今があるじゃないですか。

今回だけ強烈に作用することはありません。

これまでも影響を受けています。

この話は何度も何度もしてきましたが、自分の過去の移動と方位の状況を照らし合わせて見て、一致する部分が多ければ方位の影響を受けていると考えます。

一致する部分が少なければ、方位の影響を念頭に置きつつも、予定通りで大丈夫です。

理屈だけが先行して人生を決めることはありません。

現実の先に未来があるのであって、理屈は理屈、現実は現実、この二つの関係性を見極める必要があります。

そして、占いと現実をすり合わせることで、今回の凶方位にはどう向き合ったら良いかが分かります。

繰り返しますが、これまでもたくさん凶方位に行ってますし吉方位にも行っていて、その結果が今です。

突然の凶方位にあたふたする必要はありません。

方位の結果を知ることは、未来に備えるためです。

凶方位に行くことになったとしても、どの程度影響を受けやすく、自分はどうすれば良いかが分かれば、予定通りに進めても良いです。

もちろん、微調整出来る部分や修正出来る部分があるならやっておきます。

でも、それは占いの結果がそうだったからではなく、占いと現実を比較したときに「確かにこの部分の修正は必要」と明らかになっているからです。

現実に必要と感じないのに、占い的に良いからとやる必要はありません。

必要な事は現実に沿った占い的な対処法ですが、現実があってこそです。

現実的に必要と思える事を優先してください。

何を優先したら良いか分からなくなったら、占い師と相談しながら優先順位を決めていくと良いです。

タイトルとURLをコピーしました