乱暴な言葉よりも、幸せを感じる丁寧な言葉を優先する

何かのヒントになる?

その人の使う言葉と雰囲気で、目の前の人の運を感じる事があります。

良い状態にある人は、柔らかい言葉と雰囲気で穏やかな風が吹きます。

日々大変だったとしても、周りに気を配り、出来ることをやっていこうとする人に多い傾向です。

共通するのは言葉と雰囲気が優しいことです。

不快になる表現や言葉は避ける傾向にあり、不快な表現や言葉を使うとしても柔らかくなるように、端々に配慮が見えます。

「言葉」の与える影響を意識的・無意識的に考慮し使い分けている感じです。

運を良くしたいと思うとき、「○○をして運を良くする」っていうのは難しいことがあります。

○○をして運を良くしているはずなのにイマイチな感じがするとき、それは必要な蓄積が貯まっていないのかも知れません。

なんかイマイチだな~という時は、日々の身の振りを微調整するチャンスです。

乱暴になっているところがないか、自分優先になりすぎていないか、配慮は足りているか、出来ることはやれているかなどをチェックします。

運は日々の積み重ねです。

その上で運勢の追い風が吹く時(吹かせた時)に波に乗り、向かい風の時に大人しくする、無風の時や微風の時こそバランスを取りやすいので、日々の積み重ねのチャンスです。

ここが始まりなので、周りに角をぶつける振る舞いや言動は、遅かれ早かれ自分に返ってきてしまう行為であることも分かります。

イライラしている人は周りにイライラした人を集めます。

そこに気がつく人は近寄りませんので、更にイライラした人の密度が高まります。

乱暴な言葉使いも同様です。

自分の周りは「自分の振るまい・選択の結果」で形成されていきます。

それなら心地よい場所や人、状態に身を置く方がお得ですし、嫌なものに近づかないようにします。

もろもろの条件が重なってしまい諦めてしまう場合もありますが、その場合は心地良いものを増やしていきます。

避けられないモノを何とかしようとして無理をするよりも、自分を良い状態にしてくれるものを増やすと、徐々に雰囲気が変わり、置かれている状態も変わります。

厄介なのは、自分がおかしな感じになっていることに気がつけないときです。

こういう時は周りの言葉が耳に入ってこない傾向にありますし、自分に固執する傾向が出てきます。

それでもどこかの段階で行き詰まり感が強くなってきます。

もしそこに気がついたら、言葉使いや態度を振り返ってみること、周りに集まっている人の雰囲気を見直してみてください。

きっとこれからどうしたら良いか教えてくれている何かがそこにあります。

タイトルとURLをコピーしました