不幸な自分を「今、おいしい?」と感じると人生がおいしくなる

何かのヒントになる?

世の中、大体みんな不幸です(主観です)(笑)。

今の状況を望んでいたなんていう人は、そんなにいないかも?

気がついたら今の様になっていたって感じじゃないでしょうか。

不幸を感じる度合いは、「今に生きている」かどうかで変わります。

「今を生きる」は人生の一つの原点ですが、忘れやすく、忘れるといろいろと問題が出てきます。

今を生きるとは「今に生きる」です。

今、あなたの状況はきっといろいろとあると思います。

私もいろいろとあります。

立場も置かれた状況も違うけれど、それぞれにいろいろとあることは共通しています。

違いが生まれてくるのは、今に生きているか、今に縛られているかです。

今、お金が無かったり、生活が大変だったり、仕事が上手くいってなかったりと、悪い要素を探そうとしたときに、片手じゃ足りない場合は今に縛られています。

今に縛られると、今の状況から逃げ出す方法ばかり考えるので、今に縛られていることに気がつきます。

宝くじに当たれば借金を全部返せる!というのもそれです。

今に縛られている人は、自分を今に縛り付けている状態です。

自分で縛り付けているのですから、自分で緩めない限り抜け出すことは出来ません。

じゃあどうするか?

「現状ありきで生きる=今に生きる」が一つの答えです。

もし、現状が基本設定として存在するなら、自分には何が出来る?という思考です。

お金が無いから何も出来ないのではなく、お金が無いなら稼ぐか、お金が無くても出来ることを模索します。

例は適切では無いかもしれませんが、新宿には路上生活をされている方が目に入りやすいです。

動かないでじっとしている人もいますし、昼間はアルミ缶回収で動き回っている人もいます。

その中で自分が寝泊まりしている場所をせっせと掃除をしている人がいます。

掃除をするのは、その場所に居させてくれることに感謝を示しているのだろうと思います。

その人はいつもその辺にいるのですが、それが出来ていることを見ると、周りにも暗黙で受け入れられているのだと思います。

これも「今の自分に出来ること」です。

人間は怖い生き物で「頭の中で考えて死んでしまう」ことが出来ます。

「きつい」「しんどい」状況は今を生き切れていないです。

病気なのにどうやって今を生きろと?となるかもしれません。

癌の闘病生活をブログで日々書いている人がいます。

知って欲しいのか、役立てて欲しいのか、それとも今を生きるために書いているのか、それは分かりません。

でも、その人が今出来ることを全力で形にしています。

現状から抜け出そうとして抜け出せるならそれも一つの選択ですが、現状から抜け出せないときどうするかです。

借金が500万ぐらいあるお客様がいました。

諸事情があって自己破産が難しいのですが、借金から抜け出そうとすると地獄です。

それなら開き直って今出来ることを周りと調整します。

そして、借金500万円からの復活劇みたいなタイトルでツイッターとブログでも書きます(笑)。

借金を背負った人はたくさんいますし、どうしたら良いか分からなくなっている人もいます。

それならリアルタイムで発信していくことで、自分のためにも周りのためにもなるようにしていきます。

今置かれている状況は不平等ですが、それにクレームを言っても聞いて貰えません。

それなら「この状況はもしかしたらおいしいのでは?」という考えてみます。

いろいろと大変だけど、見方を変えれば面白いよねってなれば、生き方が変わります。

今置かれている状況を面白くするのは自分です。

「うわ~、めっちゃ不幸だな~自分」から始めれば、見えてくることもあります。

タイトルとURLをコピーしました