不安だからと焦らない、考える時間を大事にして運を落とさない

何かのヒントになる?

こういう時期だから占いで不安を解消したいと思う人がいます。

こういう時期なので占い産業も「不安を解消するために占いを活用してください」みたいに宣伝をかけるケースもあるようです。

私は自分で何とか出来ないことへの不安を占って貰うのは、お勧めしません。

今旅行をしてもコロナに掛からないで済むでしょうか?という不安を占う意味はありません。

そもそも「コロナを避けたいと思っているのに、今旅行をすること自体が間違い」だからです。

「今、行くしか無いのだけど、コロナに掛からないで済むでしょうか?」も危うい思考です。

「行くしか無い」ならリスクが発生し、そのリスクを避けたいなら行かないという選択肢しかないからです。

避けようと思って避けられるなら、今の様になっていません。

これが一つの現状の見方になるかと思います。

あるものを無いようにする、無いものをあるようにするのは詐欺です。

「かもしれない」も聞いた人の錯誤を引き起こし、不安を誘発しています。

こういうものに近寄らないためには、最悪を考えておきます。

近寄らないようにしていても、ダメな時はダメなのです。

それも含めて、今の自分に出来る事は何かと考えます。

誰かに、何かに「何とかして貰いたい」だと、不安はますます大きくなり泥沼にはまっていきます。

そして「○○を購入すれば大丈夫」「○○を始めれば安全」みたいな情報に騙され、更にストレスが増えていきます。

不安とはそれほど厄介なものですが、だからこそ向き合います。

出来ないものは出来ませんが、出来るものまでやらない理由にはなりません。

日常生活をおろそかにしない、やっておくことはやっておく、まずはここからスタートとなります。

やることをやると用事も片付きますし、心理的な余裕が生まれてきます。

そうなると「今の自分に出来る事は何かな」と、考える余裕も出てきます。

余裕が出てくるので、変な情報に振り回されなくなり、おかしな選択をしなくて済むようになります。

結果的に災難を避けやすくしてくれ、不安も落ち着いてくれます。

世情が世情なだけに、頭だけで考えているとおかしくなるので、日常をおろそかにしないこと、やることは先に片付けてしまうこと、必要なことにはきちんと向き合うことです。

それが結果的に身を守ることに繋がってくれます。

タイトルとURLをコピーしました