上手くいかない自分の裏側には、上手くいっている自分がいる

何かのヒントになる?

「自分のことは良く分からない」とはよく言ったモノで、ネガティブな思考になってしまうと、自分の状況は上手くいかないことだらけになります。

幸運・不運、幸福・不幸は「受け止め方」という話を「幸せになるコツは「解釈力」」で少ししました。

上手くいかない時は全部が上手くいかないと感じやすいですが、実際は「〇〇はうまくいかない」が分かったということです。

つい全部が上手くいかないと繋げてしまいやすいですが、一つ一つを分解して切り分けていけます。

その一方で上手くいっていることもあります。

何かをやっていると、上手くいっているところとそうじゃないところが出てきます。

なので、上手くいかないと感じている事があれば、どこか違うところはまあまあな感じになっていたりします。

意識を向ける、気にするならそっちです。

人は望む望まないに関わらず、自分の意識に引っ張られ、その意識に合わせて考え・行動してしまいます。

気持ちがネガティブに引っ張られると、自分で自分を追い込むようになります。

自分で追い込んでしまうので出口がありません。

気持ちが萎えること自体は大切なシグナルです。

がんばりすぎていて、その反動でネガティブになっているかもしれないからです。

心が「もう休んで~~~」って言ってるかもしれないからです。

そんな自分に気がついてあげると、自分自身が救われます。

「あぁ、これは自分にはしんどいことなんだな~」と理解したら、変えるか止めるかです。

そのまま踏ん張って続けても、同じような状況を繰り返します。

だから、意識を向けるのはそっちではなく、上手く行っている方、何とか形になっている方に向けます。

上手くいっていないと思っている現状ですが、その中で「マシと思えるのは何?」とリストアップします。

自分では思いつかないような状況の場合は、私のような人間がサポートしたりします。

マシなことをリストアップしていくと、自分がうまくやっている部分を認識できるようになります。

リストアップしてみると、意外と良い感じになっていたりします。

その上で上手くいっていないと感じていることも冷静に見て行けば、上手くいっていない部分の中にも「上手くいっている部分もあること」に気がつきます。

これらは言葉遊びに見えますが、現実を整理しているだけなので、見過ごしている部分を再認識する作業です。

ネガティブに振り切っている気持ちが少し切り替わるだけでも、気持ちは回復してくれます。

気持ちが回復してくれると身体が反応して、自分にとって良い状態(楽な状態)を作り出そうとします。

ちょっと休もうと思ったり、ちょっと運動をしようと思ったりです。

その心の動きに合わせて身体を動かしてやると、バランスが回復してきます。

上手くいっている部分にも目が向けられるようになると、もう大丈夫です♪

タイトルとURLをコピーしました