デメリットが占いの結果だけなら「やって良い」

何かのヒントになる?

今日から立春になりましたが、立春らしく、ものすごく込み込みのスケジュールになってくれました。

良いことも微妙なことも楽しいことも、色とりどりの一日で、今年はこんな年になるのかもな~と思いながら、今、書いています。

さて本題。

占いの結果は心の奥底に響きます。

良い結果なら良いですが、悪い結果だと何をするにしても不安を感じてきます。

でも、その不安は「不安にさせられただけ」かもしれません。

私が占う時に気にしているのは、「現実面のデメリットがどれぐらいあり、許容範囲かどうか」です。

私の占いは人生相談と言われますが、選択をするために必要な情報を集めていくと、自然とそうなります。

占いの結果だけを伝えれば良いなら、見えている事を伝えるだけになります。

でも、その結果を相談者の状況や想いなどとすり合わせると、様々な要素が「占い以外」にも入ってくるので人生相談になっていきます。

占い流人生相談ってところでしょうか(笑)。

ここでタイトルに戻ってきます。

私が占うとき現状を細かく伺います。

占いの結果とリスクを考慮しながら、現状のデメリットと比較していきます。

デメリットはあるけれど許容範囲、備えもしているとなれば、占いの結果で「悪い」と出ても話を進めて良いです。

理由は「100%良いはない=100%悪いもない」からです。

悪い時には備えの量が増え、良い時の備えは少なくて良い、これだけの違いです。

占いで良いか悪いかではなく、現実で良いか悪いかです。

占いと現実とどちらが大事ですか?と問われれば、現実と答えます。

占いを受ける理由は何ですか?と問われれば、「現実を良くするため。悪い事を避けたいため」と答えます。

これが現実を優先し、トータルでメリットがデメリットを上回るならやって良い、という背景です。

現実を見るだけで良いなら、占いはいらないのでは?と感じる人もいると思いますが、正解です(笑)。

じゃあ、占いがある理由を問えば、「現実を見るだけ」が難しいからです。

準備万端とは、不安要素を把握し、対処することです。

不安要素は見えていない部分に生まれやすくなります。

その見えていない部分を見えるようにしてくれるのが占いです。

でも、見えていない部分は確定ではないので、予見です。

予見なら、それに対して備えることが出来ていれば、リスクは小さくなります。

これが占いを受けるメリットで有り、現実での活かし方です。

結婚や転職など人生の節目全般を占う時に共通するお話です。

いろいろと整理して占いの結果だけがデメリットなら、頭の片隅に残しつつ(いつでも対応出来るように)やって良いとなるのは必然です。

占いの結果がしんどいときは、現実を見直すチャンスです。

それも込みの判断なら、これから先もうまくやっていけます。

タイトルとURLをコピーしました