タイミングを占う時は「目的」を見定める

何かのヒントになる?

占いはタイミングを見るために使われることが多いです。

今引っ越した方が良いかどうかなどは、その典型です。

引っ越し以外にも転職のタイミングや結婚のタイミングなど、人生の節目に方位占いを使う場合もあります。

大事になるのは「何を基準にして、タイミングをはかるか」です。

引っ越しのタイミングを見る場合、方位占いが適しているように見えますが、実際の優先順位はそれほどでもありません。

そのため、引っ越しの占いを希望される時には、その目的をお伺いしています。

引っ越しは「何かをするための手段」でしかなく、本当に大事になるの引っ越した先にある目的だからです。

占い上、この目的の部分が最も大事になります。

引っ越しの先には結婚・離婚・就職・転職・進学など様々な目的があるはずです。

タイミングを占うときは、この目的を基準にして、今動くときなのかどうかをみます。

方位が吉方位か凶方位かよりも、こちらの方が人生に与える影響は大きいです。

いくら凶方位であったとしても、すぐに結婚をした方が良い人なら、何らかの手段を考えた方が良いです。

大抵はすぐに一緒になった方が良いなどが理由に出てきます。

進学や就職などでも、今、進学した方が良いのか、就職をした方が良いのかが方位の吉凶よりも先に来ます。

占いは現実の鏡なので、占いでいくつもの方向から今やろうとしている目的を占っていくと、大体占いの結果と現実が一致します。

急いだ方が良いのにぐずぐずしていたり、時間を掛けた方が良いのに焦っていたりです。

常に大事になるのは「何で占うか」ではなく、今望んでいることが実際の所どうなのかを明らかにすることです。

これがはっきりすると、今引っ越した方が良いのか、今やったほうが良いのかなども自然と明らかになるので、未来を予測出来るようになります。

タイミングを見るときは「やろうとしていることの先にある目的」を占う事を軸にしていれば、答えがハッキリと出ます。

タイトルとURLをコピーしました