ストレスは期待しすぎるところから生まれやすい

何かのヒントになる?

結婚や離婚の相談、プライベート・仕事の人間関係の相談などは占いの定番です。

言葉は変ですが、期待が大きい人ほど抱えているストレスも大きいです。

この場合の期待とは「分かってくれているはず」という期待です。

特に結婚の場合は起きやすい話で「いつか変わってくれる・・・」と期待しています。

期待は現実ではないので、まずは「実際の所どうなのか?」を確認するところからスタートします。

相手に気持ちや想っている事を伝えた結果、思ったような答えになるのか、思わぬ答えになるのかです。

どちらの答えであっても、そこがスタート地点で、そこからしか始められないです。

まだ始めていないのにあれこれ考えるから、抱えるストレスも半端なく大きいです。

離婚の相談の多くは「(離婚をした方が良いではなく)まずは距離を空けるところから」と伝えることが多いです。

近すぎて、相手に対する評価が厳しくなっていることがあるからです。

自分がこれだけ尽くしているのに・・・となると、更に厄介です。

「期待する」のは、信頼していることでもあるので、これ自体は素敵な事です。

でも、「期待しすぎる」ことで裏切られたようになるのであれば、それは近づきすぎています。

まずはその事に気がつくことと、そこに意識を向けすぎている「暇な」自分を振り返ることです。

本来、自分がやった方が良いことに意識を向けるよりも、相手や周りに期待することで苛立ちが積み重なっています。

それなら自分のやることに専念し、相手と距離をおくことです。

相手を優先しすぎて、自分の想いが空回りしていることに気がつくことです。

自分のことを優先し、適度に距離が置けるようになると、精神的に楽になってきて、適度な関係を構築出来るようになります。

夫婦でも、恋人でも、親子でも、仕事でもです。

自分のためにも相手のためにも、「期待しすぎない」ために、距離を少し空けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました