やりたいことが見つからない、やりたいことが無い人こそ、周りのお手伝いで開運出来る時がきた?

何かのヒントになる?

今、いろいろと不安定な感じがしますが、その分、いろいろなことに自由が効きやすくなっています。

やりたいことがある人にはうってつけです。

ただ、今のままでいたいとか、どうしたら良いか分からない人にも世の中の流れは影響を与えます。

自由が効きやすくなる(副業推奨など)のは世の中の動きなので、好むかどうかに関係無く、影響を受けることになります。

こういう時、考えるよりも動いてしまった方が後が楽ですし、考えても答えは出ません。

今のままでいたくても、どうしたら良いか分からなくても、「やること」「やった方が良いこと」に手を付けます。

今、世の中の流れが現状維持ではなく、変化を推し進めようとしているため、何でも良いから手足を動かしていた方が良い流れです。

「やりたいことが無いのだけど」という人は、やりたいことを探す必要は無くて、周りのお手伝いに力を注ぐことです。

周りを手伝うだけで、メリットは様々生まれてきます(デメリットもあるけれど、それはそれとして(笑))。

周りを手伝うためには、自分が周りに合わせいくので、順応性が高まります。

手伝われた周りの人はその分楽になるので感謝しますし、もっと感謝したら何かをくれるかもしれません。

何もなかったとしても、何かの時に感謝が形を変えてやってきます。

周りのお手伝いは余裕が出た時と思う人もいるのですが、これは逆で余裕が無いときに「こそ」です。

余裕が無いときは、自分の中が膠着状態にあるため身動きが取れなくなっていますが、この時に周りのお手伝いを優先することで強制的に隙間ができ、そこから自分の事にも手が回るようになります。

まあ、忙しさもアップするのですが(笑)

私は不安を少しでも軽く出来ないかといつも考えているのですが、人のために力を使っているときが、一番不安が楽になります。

たとえ感謝をされなくても、自分の姿を自分だけは見ていますし、自分が気がつかなくてもあなたの姿を見ている人は必ずいるのがこの世の中です。

やりたいことが見つからない人こそ、周りの力になることが効果的な時代に入ってきました。

タイトルとURLをコピーしました