うまくいかないときは、運よりも周りの掛け違いを手伝う方が効果的

何かのヒントになる?

うまくいかないと感じる時、うまくいかない自分に意識が向きやすいですが、実は周りとの相互連携がかみ合っていないのでうまくいっていない可能性が高いです。

人は孤立するほどにうまくいきません。

この場合の孤立とは「人間関係」だけではないです。

身を置いている環境もそうですし、ペットがいるならペット、植物があるなら植物なども含まれます。

まずは人間関係ですが、周りの人の様子をうかがいます。

大変そうにしている人がいるはずなので、こちらも大変ですが力を貸します。

きっとその人以外にもいろいろと抱えている人がいることでしょう。

なんだか全体のかみ合わせがイマイチというか、みんな余裕が無い感じになっていることもあります。

自分だけがうまくいかないのではなく、周りもそれぞれがうまくいっていないからぎくしゃくして、自分も影響を受けてしまっている状態です。

自分に余裕はないですが、周りに力を貸すことで、かみ合っていなかった部分が回り始めます。←重要

これ以外にも置かれている今の身のまわりを整える事も重要です。

うまくいかない状態は周りの支援が受けられていないことが遠因としてあります。

周りの全てがあなたの力になってくれれば、結果はすぐに出なくても、物事を進めようとする流れが出てきます。

追い風が吹くことで、良い感じになっていくことは多いです。

ペットや植物もあなたの不調を感じて調子が悪くなったりします。

そこでまた手間が掛かるとなれば面倒事ばかり増えていくので、うまくいく要素がないです。

うまくいかない感じがするときは自分自身も大変ですが、大変な状況になるべくしてなっていたりします

だからこそ、敢えて周りに協力し、環境を整え、自分が動きやすい状態を作り上げていきます。

そうこうしている間に少しずつ現状が動き始めて、何とかなる可能性が高まってきます。

自分だけで何とかしようとしないことです。

まずは周りを見回すところから始めてみると、何が出来るか見つかるかも知れません。

遠回りに見えて、意外にはやく結果が出る手法です。

タイトルとURLをコピーしました