「楽を選ぶ時」と「楽じゃないを選ぶ時」を分けて幸運を呼ぶ

何かのヒントになる?

自分に合った選択なら「楽、楽じゃない」も無いのですが、分かりやすくするためにわけました。

私が占いの結果をお伝えするときに、その人にとって出来るだけ楽なほうを選ぶ事をオススメする時は、その人が消耗し尽くしているときです。

疲れているときは、どんなに良い運勢や運気だろうとろくな事がありません。

「今は良いはずだ」と思い込んでも、ダメなモノはダメなのです。

今は骨休めの時、無理を避けた方が良い時は、ハッキリ出るモノです。

一方で、楽じゃない方を選ぶ時とは、「自分が望む未来に繋がる選択肢が出ている時」です。

自分が望む未来に繋がる選択肢が出ている時は、何か大変なこともセットになっています。

これは誰かに相談しようと思う時の話で、「どうしようかな・・・」と考えたり悩んだときの判断基準です。

普段ならスッと判断出来ることが、あれこれ考えてしまうことで判断出来なくなります。

この時に大変な状況なら「自分が楽になる方」を選びます。

これは一時しのぎにしかなりませんが、今はこれが必要な時です。

気持ちや調子が戻ってくれば、後で踏ん張ることも出来ます。

でも、今は無理なので、回復のためにも「自分に楽をさせる」が答えです。

一方で、イマイチ気が乗らないとか、出来れば逃げたいな~という気持ちの時は、目の前の選択の未来を考慮しつつ「楽じゃない方」をオススメします。

ただし、楽じゃない=嫌いなことという意味では無く、楽じゃない=出来るけど面倒という意味合いです。

嫌いの本質は「受け入れられない」です。

だから、楽じゃ無いの意味合いを、「嫌いなこと」という意味ではなく、面倒という意味合いでお伝えしています。

気持ちが乗らないときの「面倒なんだけど、やった方が良いのだよね~」は優先して選択した方が良いです。

それは今、やった方が良いことだからです。

タイミングがズレると、仕切り直しになって手間が増える可能性が出てきます。

調子の良い時と悪い時で何を選択するかが変わります。

運の善し悪しを視覚化するなら、調子が悪い時に自分に楽な選択がとれるような環境にあり、通常の時に出来ることをやれる環境にあるならば、タイミングが一致していて運が良いと言えます。

これが逆だと、本当大変なので、どこかで帳尻合わせが必要になります。

タイトルとURLをコピーしました