「好き」から「やりたい」に繋げていくと人生が変わる

何かのヒントになる?

夢や願いを叶えるためには、願うこと、運気を上げることの他に、叶えるための行動が必要です。

この一連の動きを生み出すために必要なのが「それを手に入れてどうしたい?」という次の一歩です。

具体的には、「好き」だからどうしたいのか、「やりたい」ならその後どうしていきたいのか、などです。

収入を増やしたい人は多いですが、収入を増やしてどうしたいのか、そのために何をしているのかが抜けやすくなります。

出会いが欲しい人もたくさんいますが、「何故出会いたいのか?」、もっといえば「どうして結婚したいのか?」を突き詰めていきます。

誰かと一生を共にしたいなら、自分に合う人を探す必要がありますし、老後が心配なら出会いは無くても、他の手を打てます。

何かを望むとき、自分の望んでいることに実感があると「とにかくやってしまおう!」となるのでどうしたら良いかなどは考えません。

自分の気持ちと行動が連動している状態が、一番願いを叶えやすくしてくれます。

望んでいる結果を想像しながら、そのために必要な選択をするからです。

全ての望みが叶うとは言えません。

でも、望みが叶うための落としどころに向かって動く人とそうで無い人では未来が違います。

好きならやれば良いし、何からやれば良いのか分からないなら、分かろうとすることから始めれば良いです。

これだけ情報化社会になっていると、出てくる情報の真偽はありますが、大抵は行動力でカバー出来ます。

大切なのは「好き」「関心がある」気持ちに後押しをしてあげることです。

時間が出来たら、余裕が出来たらと言っていたら、叶う可能性が低くなってしまいます。

好きを感じたら、どうしたいのかを考え、そこに向かって動き出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました